管理人はYouTubeに課金してます

ローラ テレビに出なくなった理由

今回日曜日の初耳学を参考にローラの知られざる、過去そして現在何をしているのか詳しく書いていきます!


まず林先生、ローラの足の長さにびっくり

あまりにスタイル良すぎて

人間のバランスとしておかしくないですか?

とガチ質問しちゃう林先生。笑
ちなみにローラの身長は165㎝。

スポンサーリンク

魅力的かつ危険な環境で育った幼少期

生まれは日本ですが、その後すぐ両親が離婚しバングラデシュへ。当時の暮らしぶりをお猿さんのような暮らし方と表現していたローラ。
いつも木の上に登ってフルーツをセルフで食べていたり、卵は買わずに鶏から、緑色の池をお風呂代わりなど野生的な暮らしを当たり前のようにしていました
しかしその一方で、危険な野生動物とも共存しないといけないので危険も隣り合わせでした。

しかし、今の生き方のベースとなっているのがこの自然の中で育って培われた感性。

私たちは自然に生かされている

ローラは自身の体験から地球、自然にリスペクトを抱くようになったというわけです。

心の芯では、自然を求めていたローラ。
2010年にしゃべくりに出演した事がきっかけでそこからずーっと大ブレーク。多忙を極めていました。その中で事務所側がローラを奴隷契約で縛っていた事が発覚し人間不信にまで心を病みました。
今回の林先生との会話の中で、「ずっと眠れなくなっちゃたの」と明るく打ち明けてくれましたが、きっと当時は忙しさと事務所によって、相当追い込まれていたんだと思います。不眠症の病院に通院していたが改善せず

このままだと危ないかもしれない

と危機感を抱き、英語も喋れないけどロスに行きたいと決意。
色んな場所に行きたい。色んな人に会いたい。チャレンジしたい。そんな気持ちが仕事が減るという不安より大きくなっていったんですね。

手に入れた物をポイして新たなステージへ。しかしその勇気は称賛に値する。と林先生も絶賛

スポンサーリンク

今の肩書きはモデルと起業家

ローラのテレビ出演が減った理由はあくまで今のメインはモデルと自分の会社(起業)。テレビの出演はセーブしているよう。

では、自分の会社で何をしているのか?

幼少期に触れた大自然からパワーをもらったローラは環境に優しい物を作りたいと日々自然環境の事を考えて行動しています。


STUDIO R33(スタディオ アールサーティンスリー)では、通常デニムを1本作るのに水1トン使うところを、効率良く水を巡回させる事で90%リサイクル使用する事に成功し、水を最大限に少なくする事ができました。
またケミカル(化学物質)も人・環境に害のない製品を使用したりなど、自然への愛がたくさん詰まった製品になってます

(ローラが履くと無条件にかっこいい)

いかがだったでしょうか?ローラは今自分の立ち上げた会社を頑張っているようですね。ロスで本来の自分を取り戻し大好きな自然を感じながら生活できている事は、本当に幸せな事だと思います。
これからもローラの活躍期待していきましょう♪

スポンサーリンク