管理人はYouTubeに課金してます

ドコモ口座事件とは?ゆうちょ銀行やイオン銀行などに口座がある全ての人が被害者になる可能性が・・・詐欺の手口など詳しく解説!

スポンサーリンク

こんにちは、今回は今大問題になっているドコモ口座事件について書いていこうと思います。

 

最初、ニュースを見たときは
あ、私別にドコモユーザーでもないし関係ない話だわ

と思っていましたが詳しく報道されるにつれ

あれ、これドコモユーザーじゃない人がむしろ危ないじゃないか!!

と気づきました。
(ドコモ自分使ってないってだけでみんな安心してるんじゃないかと)

 

 

銀行使っててなおかつ、ネットバンクも利用している人にしか、この仕組み理解するのに時間かかるだろうなぁと思い、なるべく分かりやすく説明できるように書いていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもドコモ口座とは?

 

まず、ドコモ口座とは

ネットバンク(ネット上にある銀行)

の事です。

そしてネットバンクから銀行にお金を送ったり、銀行からネットバンクにお金を送ったりする事を

ネットバンクと銀行を連携させる
といいます。

 

 

今回のドコモ口座事件はドコモ口座と地方銀行を連携させて不正にお金を引き出す手口なのです。

 

 

ではなぜこのような事が出来たのでしょうか。
それは

ドコモ口座を作る過程で
厳重なセキュリティー対策をしなかったからです。

 

もうこの一言に尽きます・・・

 

 

 

 

 

 

楽天銀行(ネットバンク)の場合

私、楽天銀行を開設しているので、実際楽天銀行の口座を作った時どのような手順だったのかさらっと説明しますね。

 

①まず楽天銀行のサイト上で申し込み(自分の名前、生年月日、住所などを書き込む。勤め先なども聞かれる可能性あり)

②本人確認書類の提出(運転免許証、個人番号カード、パスポートなど)

③ThankYouレターという封筒が届くので、それに沿って初期設定をする(この封筒には初期の仮のパスワードや10桁の数字が書いてあるのでそれを入力する)

④口座開設

 

とこんな感じの流れです。

本人確認の提出や、送られてくる封筒に書いてある数字を打ち込まなくてはいけないので、もちろん本人じゃないといけないし一人一口座しか持てないのです。

 

 

 

 

ドコモ口座の場合

ドコモ口座の作り方を説明します。

 

 

①まずはdアカウントを作成するためにメール登録(フリーメールでも可)

②名前、性別、生年月日を入力し、dアカウント作成完了。この時ID発行される。

③ドコモ口座のサイトにて新規作成を押し、自分のdアカウント(ID)で登録

④注意事項・利用規約などに同意

⑤口座開設

 

 

dアカウントありきの詐欺なのですが
その肝心なdアカウントが誰でも作れる仕組みなのです。

ドコモユーザーでもドコモユーザーじゃない人でも。

そして本人確認の書類を提出する事もなく、メルアドだけで登録ができるのでやばいです。(フリーメールもOKなので何十個作ることが可能)

 

 

 

 

 

犯人になったつもりで詐欺の流れを説明

 

ここまでの説明でネットバンクと銀行の連携についてと、dアカウントのセキュリテーの甘さを理解してもらったと思います

ここからはさらにドコモ口座事件をもっと理解できるように、犯人視点から話を展開させていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 


 

 

 

 

犯人
わーはっは。不正に入手した銀行口座の情報を使って悪い事しちゃうぞ〜

まず、犯人は何らかのルートで入手した銀行口座の情報を元に動き出します。(口座名義や通帳番号、通帳記号など)

 


 

 

犯人
まずはdアカウントを作るで。メルアドだけで作れるから、不正入手した100個分のdアカウント作ろっと〜

フリーメールを使えば、一人で何個でもメルアドを持てるので、犯人は銀行口座の名義名を元にdアカウント作りまくりました。

 


 

 

犯人
よーし。dアカウント登録完了や!あとはドコモ口座にdアカウントIDを登録してドコモ口座開設や!
ドコモ口座にdアカウントのIDを登録するだけなので、とても簡単にドコモ口座開設できてしまうのである。

犯人
あとはドコモ口座と銀行を連携させればいいだけや!!
ドコモ口座と銀行を連携させようとすると銀行側から「通帳記号、通帳番号、口座名義」などの入力を求められます。ただ犯人はこれらの情報をもう持っているので
なんの問題もなく突破してしまいます。
あとは4桁のパスワードなのですが、仮に連携失敗してもフリーメールでまた1から作り直してやり直しもききますし、ロボットなども使えば自動に何万何億通りと作れるので、パスワードを突破されるのも時間の問題。

そして、ある日気がつくのです・・・
あれっ、口座から勝手にお金が引き出されている!!!

銀行口座から、ドコモ口座に送れる金額が1ヶ月30万円と決まっているので、2ヶ月に渡って引き落としされた人は、60万円引き出されていたという事になります。

 


 

 

 

 

 

今からでもいいので、地方銀行にお金を預けている人は、銀行のATMで通帳記載することをおすすめします。

 

 

被害にあってないか確認した方がいい銀行一覧みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、伊予銀行、池田泉州銀行、愛媛銀行、大分銀行、大垣共立銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、静岡銀行、七十七銀行、十六銀行、スルガ銀行、仙台銀行、ソニー銀行、但馬銀行、第三銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、東邦銀行、鳥取銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、肥後銀行、百十四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行、みちのく銀行、琉球銀行

 

 

 

今回このドコモ口座事件の被害者には、ドコモが銀行と連携し全額補償するという事なので、みなさんも自分の口座は大丈夫だったか早めに確認する事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク